「Cの時代」の勉強会

born digital の情報に囲まれて育った世代と、昭和世代とでは思考の 前提がそもそも違うということがありそうです。 新しい世代はC世代(Connect, Communicate, Change)とも呼ばれています。 このblogは「C世代の時代を生き抜くヒントになる」を目標に、仕事と生活を考える上で参考になるクリップを集めて行きます。

「Cの時代」の勉強会 1310 22

「Cの時代」の勉強会 1310 22
~「co-」が、Change(変化)とCreate(創造)を生む時代

21世紀を生きるみなさんへ贈るクリップ集。週次発刊。

●インフォグラフィック
http://bit.ly/1cqvAwy
簡単整理、解説。

●インフォグラフィックまとめ・作成ツール | フィードフォース全力ブログ
http://www.advertimes.com/adobata/article/18282/blog.feedforce.jp/archives/7750/
easel.ly/iCharts/Icon Archive/Visual.ly/piktochart/KISSmetrics
/tripgraphics/ビジュアルシンキング/infographic.jp/ツタグラ
/infogra.me。

●情報の流れ変える「まとめサイト」 ニュースのハブに 
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFK3002N_Q3A930C1000000/
「「ニュース」のハブに」と副題にあるが、何が「ニュース」になる
かを「まとめサイト」が方向づける点がポイント。その触媒機能が、
個人メディアの記事をマスメディアにリレイすること、つまり「情報
逆流」につながっていく。マスメディア、個人メディア、ハブメディ
ア、情報の三角形が成立しつつ有る。筆者は「ミドルメディア」と命
名しているが、「ハブ」がふさわしいか。

●Amazon.com: the Hidden Empire - Update 2013
http://www.slideshare.net/faberNovel/amazoncom-the-hidden-empire?from_search=1#btnNext
本の流通で培った、データと人力の組み合わせで提供する顧客満足の
仕組み、サービス品質。そのイノベーション力を次第に、紙の書籍以
外へと応用、いまでは売り上げの過半は「書籍」以外から。カスタマ
ーセントリック(顧客目線主義)は、デジタルな流通のほうが取り組
みやすい、と(ロウプライスと収益を両立できる道)。

●勉強しない大学生が、量産されるメカニズム | なぜ日本の大学生は、世界でいちばん勉強しないのか?
http://toyokeizai.net/articles/-/13540
「国内350人に対して、海外1100人(パナソニック)。国内500人に
対して、海外950人(ファーストリテイリング)。これは、2013年度
の新卒採用の人数だ」。マジメに勉強しても「得」がないのが日本の大
学だったから?マジメに授業をしても「得」がないのが日本の大学の
先生だったから?


============
これはおまけ
●サグラダファミリアの最終形態が動画で明らかに。
http://uploadmag.com/archives/3451
「ガウディ没後100周年にあたる2026年に完成予定と設計責任者が
発表しました。まだ100年以上かかると言われていたサグラダファミリ
アの完成が早まったのは3Dプリンターの導入・高品質コンクリート開発・
財源の安定が大きな理由」。

●子供も大人も喜ぶ!バスタオルやハンドタオルを折り畳んでかわいい動物をつくる方法
http://coliss.com/articles/life/how-to-make-towel-animals.html
タオルを折り畳んで作る動物は全部で、6種類:白鳥、サル、ゾウ、カニ、
ネズミ、ヘビ。

============

See you next week!
produced by Mr.J (source from 『知恵クリップ』)

「Cの時代」の勉強会 131015

「Cの時代」の勉強会 131015
~「co-」が、Change(変化)とCreate(創造)を生む時代

21世紀を生きるみなさんへ贈るクリップ集。週次発刊。

★How the world would look if countries were in proportion to their online population
http://www.dailymail.co.uk/news/article-2453616/How-world-look-countries-proportion-online-population-Canada-nearly-disappeared.html
ネット利用で存在感大きい、韓国。

●世界中で最も利用されているサイトはGoogleとFacebook
http://www.icr.co.jp/newsletter/global_perspective/2013/Gpre2013110.html
日本は例外(Yahoo!が一番)。Googleは先進国とアジアで、facebook
は中南米、中近東などでよく利用されている。

●買い物革命、始動! - Yahoo! JAPAN
http://i.yimg.jp/images/evt/ec/pc/img/main_pic.jpg
ヤフオクが、出店費用、売上からのフィー、全部ただに。曰く、「摩擦
係数ゼロの世界」。「現在でもショッピングやオークションで出品商品
を目立たせるための広告商品を展開しているが、無料化により出品者数
が増えることで、こうした広告商品へのニーズが高まることに期待したい」。

●Amazonのワンクリック決済システムが自サイトでも使える「Login and Pay with Amazon」発表
http://gigazine.net/news/20131009-login-and-pay-with-amazon/
ウェブは「意思決定」ツール。購入の是非について意思決定、その後す
ぐに、スムーズに、シームレスに決済へ移行できるかが、購買に結ぶ着
くかの分かれ目。

●【Design Your Life】自分の位置を知る効用
http://cgi.osakagas.co.jp/company/efforts/cel/column/management/1205378_1647.html
4象限の分類が面白い。縦軸に権力志向/プロ志向、横軸に経済価値
志向/非経済価値志向。権力+非経済価値=公務員、プロ+非経済価
値=研究者、プロ+経済価値=自営業、権力+経済価値=社長。


============
これはおまけ

●統計からみえる東京オリンピック時と現在の日本の状況
http://www.stat.go.jp/info/pdf/olympic.pdf
いろいろ考えさせられる比較表。

============

See you next week!
produced by Mr.J (source from 『知恵クリップ』)

「Cの時代」の勉強会 131008

「Cの時代」の勉強会 131008
~「co-」が、Change(変化)とCreate(創造)を生む時代

21世紀を生きるみなさんへ贈るクリップ集。週次発刊。

●日本の出版事業に新たな道を切り開く使命を持って、新会社「ブックビヨンド」設立!
http://ghd.gakken.co.jp/bookbeyond/news/201310/20131001.html
「紙を超えて」を合言葉にする新会社立ち上げ。学研ホー
ルディングス(HD)は、電子書籍事業を手がける新会社
(ブックビヨンド)を設立する。グループ内の新刊を電子
化する業務を集約し、他社からも請け負う。新刊だけでな
く、過去の名作や広報誌、学習塾で配布している問題集な
ど、あらゆるコンテンツの電子化に取り組む。新人作家も
発掘。電子書籍市場での流通点数を早期に現在の4倍の
1万点以上に増やす考え。

●匿名化技術の現状について
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/it2/pd/wg/dai1/siryou2_3.pdf
匿名化技術とは、に関する説明。どの水準まで匿名化すれば、特定の
個人を識別することができない情報となるか?/「匿名データ」は大
きく3通りに分類できる/匿名化データの評価指標。

●三大都市圏、将来像に大きな違い~五輪・リニア具体化を機に地域別人口動向を考察
http://www.mizuho-ri.co.jp/publication/research/pdf/insight/pl130930a.pdf
1964年の東京オリンピック・新幹線開通より以前に、人口のピークを
つけていた県が実は多い(山形、徳島、高知、秋田、山口、愛媛、佐賀、
熊本、大分、鹿児島、岩手、長崎県)。なんと2040年の人口は高度成
長の始まる時期に戻る地域以外に、もっとそれ以前、場合よにっては戦
前や、さらには1920年以前より小さくなる県が出てくる。

●20代の「家計簿経験」が一生を左右する :20代から始める バラ色老後のデザイン術
http://www.nikkei.com/money/features/18.aspx?g=DGXNMSFK2702Y_27092013000000
家計簿をつけている人とそうでない人の間には、貯蓄額の差が71
万円もあった。「見える化」の効能。

●場所への愛着とケア環境の自己決定~持家に居住する高齢夫婦へのアンケート調査から
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/ldi/report/rp1310b.pdf
夫婦二人で持ち家に住む高齢者は、夫婦ともに健康な、いまのう
ちに、将来一人ぐらしになった場合の「望むケア環境」について
具体的なイメージを持つ必要がある。経済面と同時に、愛着、心
のよりどころといったファクターも見逃せないし、それを周囲に
事前に伝えておくことも大事だ。

============

See you next week!
produced by Mr.J (source from 『知恵クリップ』)

「Cの時代」の勉強会 131001

「Cの時代」の勉強会 131001
~「co-」が、Change(変化)とCreate(創造)を生む時代

21世紀を生きるみなさんへ贈るクリップ集。週次発刊。


●Android が all Windows を逆転した:それを示す1枚のチャート
http://bit.ly/16JV4Dj
スマホだけのことを言っているのではない。すべてのコンピューティング・プラットフォーム
でAndroid がシェア60%に。その一方で、Microsoft Windows は 24%、Apple は 14% 。

●次なる巨大市場を求めて、再びテレビに照準を合わせる米IT企業
http://www.kddi-ri.jp/pdf/KDDI-RA-201309-01-PRT.pdf
TV番組制作に乗り出したGoogle。TV業界と折り合いをつけ、あくまで技術での協調関係を築
こうというApple。広告を狙うfacebook。

●富田倫生氏が抱いた「藍より青い」青空文庫の夢
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/event/20130926_616972.html
「『死後70年』『非親告罪化』は文化を豊かに、経済を強靭にするのか?」といった著作権を
めぐる活動の後景では、こんな努力が。山形浩生氏に「青空文庫はしょぼい」と批判をされた、
「このファイルを使って、何ができるか、何はゆるさないかを明確に定義し、表明しておかなけ
れば、使う側は手を出しにくい。社会の資源としては、生かされない」と。「その時から、ただ
テキストを作ればそれで済むという話ではないと、利用のための丁寧な情報公開をするようにな
ったそうだ。「青空注記」に底本の情報を記述したり、入力者と校正者を分けたり、XHTMLの
変換プログラムを用意したりと、「いつでも誰でも読める」ようにする努力が積み重ねられて
きた」。

●個人事業者になってみて。
http://d.hatena.ne.jp/hero3050g/20130923
会社員とは違う! どこが違うかを生活シーンから、具体的に。

●事業加速期。会社を大きくするとは。【1日で学ぶ経営者への道】
ttp://u-note.me/note/47486331
個人事業者が「自分が自分の雇用主」になることだとすると、起業は「非雇用
主からの脱却、自分が雇用主へ」。「一人で何でもやっちゃう系だと事業がス
ケールしていかない」。

============

See you next week!
produced by Mr.J (source from 『知恵クリップ』)

「Cの時代」の勉強会 130924

「Cの時代」の勉強会 130924
~「co-」が、Change(変化)とCreate(創造)を生む時代

21世紀を生きるみなさんへ贈るクリップ集。週次発刊。


●「21世紀型能力」とは何か
http://www.manabinoba.com/index.cfm/6,19505,13,html
「思考力」(論理的・批判的思考力、問題発見解決力・創造力、メ
タ認知)、「基礎力」(言語的リテラシー、数量的リテラシー、情
報リテラシー)、「実践力」(自律的活動力、人間関係形成力、社
会参画力・持続可能な未来への責任)という三層構造に整理。あく
まで中核となるのは基礎力に支えられた思考力。

●留学生減少の背景は日本社会全体の内向き指向
http://www.jcer.or.jp/column/kojima/index535.html
21世紀世界におけるソフトパワーに欠かせない情報発信力。それには海外人脈
とのパイプ。そのための若い時代の海外留学経験。

●デトロイトの財政破綻から何を学ぶか
http://www.nri.co.jp/opinion/region/2013/pdf/ck20130903.pdf
年金を含む債務を削減することで、資金的に持続可能な状態に戻すための措置
がチャピターナイン(自治体の破産申請)。チャプターナインの審理過程を通
じ、年金支払い債務の削減が可能になる先例ができると、米国のあちこちの自
治体が追随すると言われている。一方自治体として抱える構造問題の解決がで
きるかが、もっと深刻な課題だが、その領域で「戦略的縮退」という耳慣れな
い単語がキーワードになりつつある。

●人口動態からみた我が国都市の縮退の現況
http://www.murc.jp/thinktank/rc/column/search_now/sn120704
都市がいまどの段階にあるか、4つの分類:「拡大政調」「拡散」「縮退」
「コンパクト化」。

●郊外はこれからどうなるか?
http://www.urban-ii.or.jp/kou2/_pdf/seminar20121128.pdf
少子化と晩婚化が、人口規模の大きい団塊ジュニアを4つほどの群に分ける。
この4つの群がそれぞれ抱えるニーズと欲望が、これまでない、中心部と郊外
の関係を形作るだろう。そのニーズと欲望に呼応する形で、新しい消費形態、
新しいビジネスモデルを構想することが、新しい社会のスタイルを創造してい
くことにつながっていく。


============

See you next week!
produced by Mr.J (source from 『知恵クリップ』)

「Cの時代」の勉強会 130917

「Cの時代」の勉強会 130917
~「co-」が、Change(変化)とCreate(創造)を生む時代

21世紀を生きるみなさんへ贈るクリップ集。週次発刊。


●チームラボ猪子氏が語る、日本人とネットの相性が”ハンパなく”良い理由
http://logmi.jp/2469
(あまり単純化してもいけないが、)「欧米は一神教だから客観性
は確保しやすい。でも日本は多神教というか一神教的な「神の目線」
を持たないがゆえに、コミュニティが近い者同士の集団主義に陥り
やすく、それゆえに主観的なものの集合になる」。無目的・自生的
な展開、発達をしていくところがネットに似ている、と。ただその
ことに意識的でないと、ネットを牽引する側につけない、のだが。

●【なぜ日本では流行らない?】米国ビジネス上欠かせないLinkedIn | freshtrax | btrax
http://blog.btrax.com/jp/2013/09/08/linkedin2/
就職と就社の意識の違いが背景にあるね。日米の「仕事と組織」観
についての相違。それは社会の成り立ちの違いでもある。

●SLICE NEWS - 3行でニュースを自動要約
http://slicenews.net/about
ニュースを自動で3行に要約する「SLICE NEWS」高専生が開発。「た
だ要約するだけではなく、記事の続きが読みたくなるような文を生
成する」、という( http://bit.ly/180owU1 )

●「NHKスペシャル」にTDBが提供した企業取引データの可能性とは
http://www.tdb.co.jp/report/specia/1309_media.html
取引を活性化させる「コネクターハブ」企業を見つけ出すことは、
いかにして可能か。

●地域社会とイノベーション -ネットワーク理論䛾応用-
http://ipr-ctr.t.u-tokyo.ac.jp/sklab/pdf/2012/TMI1/tmi12.pdf
「ノード:空港  リンク:空路   →エアライン・ネットワー
ク」「ノード:ホタル  リンク:発光䛾推移  →ほたる䛾発光現
象」「ノード:ブロガー リンク:トラックバック →ブログ䛾ネ
ットワーク」「ノード:論文  リンク:引用  →引用ネットワ
ーク」「ノード:研究者 リンク:共著    →共同研究ネット
ワーク」。


============

See you next week!
produced by Mr.J (source from 『知恵クリップ』)

「Cの時代」の勉強会 130910

「Cの時代」の勉強会 130910
~「co-」が、Change(変化)とCreate(創造)を生む時代

21世紀を生きるみなさんへ贈るクリップ集。週次発刊。


●データビジュアライゼーション・ツール20選
http://lab.sugimototatsuo.com/2013/08/top-20-data-visualisation-tools/
あまり知られていないが、エクセルでも、データビジュアライゼーションの
初歩的なことはできる。

●オープンデータ概論20130805
http://www.slideshare.net/mhayasi/20130805
オープンガバメントととの関連で定義される狭義のオープンデータと、民間
データを含む広義の定義とがある。一方データの性格から言われるのが、
「ビッグデータ」。どちらかというと、オープンデータは体系だって集めら
れ、編纂されたデータ。ビッグデータは、編纂される以前(編纂を前提にする
と、編纂に手間取り活用が遅れてしまう)のデータで、AIによる活用が前提。

○米国オープンデータの動向調査
http://www.ipa.go.jp/files/000033718.pdf
データ構造化の標準化、クラウド、WebAPI、ID認証、LinkedOpenDataなどの
技術的成熟から現実化してきた現象。とりあえずの定義は、「オープンデータ
とは、コスト負担が伴わないこと、形式は誰もが自由に利用・変更できるもの
であること、利用方法や目的を制限しないこと、などの条件下における「誰も
が特定の制限なく自由に利用、再利用、再配布できる一片のコンテンツまたは
データ」のこと。

●「2013年 幼児生活時間調査」の主な結果について
http://www.nhk.or.jp/bunken/summary/yoron/lifetime/pdf/130904.pdf
十年前と様変わりなのが、「母親」の高年齢化。「34歳まで」が
主流派だったのが、「35歳以上」が過半に。また専業主婦が減少
し、フルタイム勤務が大幅増加。結果、「早起き」の幼児が増加。
そして保育園児の帰宅時刻が遅くなり、幼稚園児・保育園児の在園
時間の差が広がっている。また幼稚園児は多様な活動をしているが、
保育園児は園に閉じ込められた時間を過ごすことに。

●新しいメディアは乳幼児の育ちに何をもたらすか?~スマートフォンに見られる課題と可能性
http://berd.benesse.jp/berd/opinion/activity12/
幼児の母親のスマートフォン使用率は約6割。スマホが「子供の世話」
をする生活シーンは多くなっている。特に、公共の場などでおとな
しくしてほしいときなど。同時に、それは親子の会話の新しいツー
ルともなっている。


===========================
これはおまけ
●「この世は生きるに値するんだ」 「風立ちぬ」の後をどう生きるか 宮崎駿監督、引退会見全文
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1309/06/news133.html


============

See you next week!
produced by Mr.J (source from 『知恵クリップ』)

「Cの時代」の勉強会 130827

「Cの時代」の勉強会 130827
~「co-」が、Change(変化)とCreate(創造)を生む時代

21世紀を生きるみなさんへ贈るクリップ集。週次発刊。

●Google Glassを究極の観光ガイドに変えるプロジェクト、Tourism RadioがKickstarterに登場
http://jp.techcrunch.com/2013/08/07/20130806new-kickstarter-projects-aims-to-make-google-glass-the-ultimate-tour-guide/
「OK、GLASS、次はこれをお願い」。そうやって情報を得ながら観光
を楽しむ。スマホの次のデバイスとして、Google Glass。これを使った
観光振興策。動画が面白い。

●「自宅に家具を置いてみる」イケアのARアプリ
http://wired.jp/2013/08/23/a-new-ikea-app-lets-you-place-3d-furniture-in-your-home/
「イケアが顧客の行動を少し調べたところ、70%以上が自宅で家具
を置く場所の実際の大きさを知らず、約14%が間違ったサイズの家
具を購入したことがあることがわかった」。ならばここは、拡張現
実アプリの登場!、となった次第。

●HTML5が引き寄せる近未来を、9つの「○○ウェブ」で理解する。(前編)
http://builder.japan.zdnet.com/html-css/35035906/
グラフィカルウェブ/マルチメディアウェブ/オフラインウェブ/
ハイパフォーマンスウェブ/プラットフォームとしてのウェブ/レ
スポンシブウェブ/セマンティックウェブ/リアルタイムウェブ/
コンポーネント化するウェブ。(後編 http://bit.ly/1d9fWrR )

●景気が回復しても日本の給料が増えない4つの理由 雇用・賃金の改善を阻む古い経済構造の本質的課題
http://diamond.jp/articles/-/39984
1.中間層の雇用が機械(あるいは開発途上国の雇用)に置き換わ
り、低賃金の雇用しか生まれなくなっている。2.事業環境を巡る
不確実性が高まっているので、企業はキャッシュを手元に置いてお
きたい(分配率下げ要因、投資不活発化要因)。3.メンバーシッ
プ型(就社型)からジョブ型の就職への移行がなかなか進まない。
4.価格ありき、からコスト圧縮して利益を確保する発想からの脱
却ができない(=新しい付加価値を生むには?という発想へシフト
できない)。

●「ものづくり白書(2013年版)~日本経済を支えてきた製造業の揺らぎ 我が国ものづくり産業の課題と対応の方向性」議事録
http://www.rieti.go.jp/jp/events/bbl/13071701.pdf
狭い地域で肩寄せ合って、助け合ってきた。それで凌げたのは過去
の話。日本は「産業集積」に優位性があるものの、「産業基盤」、
「労働力」で劣位し、立地環境に弱点。理系人材の不足、設備の老
朽化、特許等の知財戦略経験不足、何より市場変化を踏まえたビジ
ネスモデルの再構築と、課題が山積み。(議事録 http://bit.ly/19KiNqF )

===========================
これはおまけ
●Google Cultural Institute
http://www.google.com/culturalinstitute/home?hl=ja
20世紀と21世紀の歴史的資料をデジタルアーカイブ。現在42のコ
レクションが公開。 それぞれのコレクションは、動画、写真、文
章、手紙などで構成されている。
===========================

See you next week!
produced by Mr.J (source from 『知恵クリップ』)

「Cの時代」の勉強会 130820

「Cの時代」の勉強会 130820
~「co-」が、Change(変化)とCreate(創造)を生む時代

21世紀を生きるみなさんへ贈るクリップ集。週次発刊。

●Hiro Blog 「人生のコツはこの3つだけ。」
http://hirofc.blog.fc2.com/blog-entry-33.html
「大好きなことを仕事にしろってスピーチしようかと思ってたんだ
けど、やっぱり本当はそうじゃないんだ」「才能に恵まれているこ
とや勤勉なことと同じくらい重要なことがあって、それは、自分の
周りに刺激的な人間をたくさん持つってこと」「人生にウォームア
ップなんてない、練習試合なんてない。リセットボタンだってあり
ゃしない。僕らは毎日、人生という物語に少しずつ言葉を書き綴っ
ていっているんだ」。

●「起業家になれる人」に必要な3つの要件
http://wired.jp/2013/07/29/beenos/
「起業家になれる人」に必要な3つの要件:分析能力があること/
人を巻き込む能力/なおかつ正しいモチベーションを持っている。

●“クラウドソーシング白書2013の第2弾”を発表 ~世界最前線のワークスタイルのリアルをお届け
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/130802/prl13080211400029-n1.htm
世界中のフリーランスデザイナーの実態を調査した。「インドネシ
アでの1ヶ月あたりのクラウドソーシングでの報酬は平均$836であ
り、これは平均賃金($239)の3.5倍にもなることがわかった。一
方で、日本では、クラウドソーシングでの報酬が平均$1200であり、
平均賃金($3306)の1/3程度であることがわかる」。

●「低価格ジョブ」は、民主的な市場に不可欠
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20130804
マックでのアルバイトは、受け止める側の心がけ次第では貴重な
「仕事」ノウハウ獲得の場でもある。「「誰でもできる単価の安い
仕事」があるからこそ、「現時点で十分なスキルや実績を持たない
初心者&新規参入者」でも、仕事を手にすることができ、実務経験
を得られます」。

●ビジネスパーソンの副業と、「教育コストは誰が負担するのか」問題について
http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1307/29/news037.html
仕入れ先の新人が来ると、「業界人」としてきちんと育ててやらね
ば、と要らぬ解説をしたりする、のも「教育」。いやもっと考える
と、B2Cの業界では、顧客接点の現場で、顧客に育てられた人、
経験も多いはず。有償論理だけでは、社会の構築はできない、ひと
つの事例。

===========================
これはおまけ
<いろんな「自己出版」>

私のは「介護の自己出版」でしたが、こちらの方は「追悼の自己出版」ですね。

●塩﨑勝彦 還暦記念本「数楽しませんか?」
http://www.fdiary.net/sugaku/

●父の句集 電子書籍に
http://bit.ly/147Hcly
===========================

See you next week!
produced by Mr.J (source from 『知恵クリップ』)

「Cの時代」の勉強会 130806

「Cの時代」の勉強会 130806
~「co-」が、Change(変化)とCreate(創造)を生む時代

21世紀を生きるみなさんへ贈るクリップ集。週次発刊。

●地図で見る、国別最も使われているブラウザ
http://www.gizmodo.jp/2013/07/post_12662.html
これは面白い。中国、韓国、日本がIE。世界のデファクト標準は
Chrome。アフリカにfirefox。

●ヤフーCEOも投資:「Brit + Co.」に見る小売ビジネスの未来
http://wired.jp/2013/07/03/behind-brit-morins-big-investment/
「人々に購買行動を起こさせるプロセス」が従来のリアル世界中心
の時代とは大きく変わってきた。同時に、従来以上に、そのプロセ
スを「新しく作りこむ」ことが容易になってきている。この後の方
の現象も重要だ。

●1日でわかるWebサービス制作の全て ~企画から実装まで~ :
http://yusukebe.github.io/webservice-oneday/
6畳一間から世界を変える、それがWebサービスだ。しかし6畳一間
から世界を変える、には、「とにかく手を動かすことが大事」。そ
して「つくり方をつくる」発想が重要。

●ノンデザイナーこそ押さえておきたい! UI/UXが学べる神スライド7選
http://www.find-job.net/startup/god-slides-of-ui-ux
「競合に負けないWebサービスをつくるため、UI(User Interface)、
UX(UserExperience、ユーザー体験)にこだわるのは、もはや常識。
良いUI/UXはチーム全員で考えることが、良いサービスをつくる秘
訣です。エンジニアやWebディレクターも学んで損はしません」。

●税金のゆくえを可視化した「税金はどこへ行った?」プロジェクトが面白い - NAVER まとめ
http://matome.naver.jp/odai/2137324613393895201
横浜市がはじめた、行政の可視化・インフォグラフィック化プロジ
ェクト、「税金はどこへ行った?」についての、NAVERまとめ。


===========================
これはおまけ
自己出版、ってご存知ですか。60の手習いで、KDPしちゃいました。
入退院を繰り返している父を励まそうと、父の句集を電子出版した
のです。85歳の父のために、じぃじが作った俳句集CSS。

KDPの仕組みで俳句集を電子出版する初の試み!

EPUB3の表現力を駆使した俳句集CSSを独自に開発、それを適用
した最初の電子書籍でもあります。

俳句集CSSの様子はこちらをどうぞ。

・「俳句集 神々の餐 エッセンス」。
http://bit.ly/18MPfbr(クロームが条件)
(このURLはただし「端末はPCで、ブラウザはクロームで」、が条件です。
IEでは機能しません。せっかくの縦書き表示ができないのです)

お手持ちのPCもブラウザはIEであることが多いかもしれません。
クロームをダウンロードのうえ、ご覧いただけると縦書きで、きれい
に見えます。KDPにご興味があったら、是非。

・Chrome ブラウザ
http://www.google.co.jp/intl/ja/chrome/

===========================

See you next week!
produced by Mr.J (source from 『知恵クリップ』)
livedoor プロフィール
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ