「Cの時代」の勉強会

born digital の情報に囲まれて育った世代と、昭和世代とでは思考の 前提がそもそも違うということがありそうです。 新しい世代はC世代(Connect, Communicate, Change)とも呼ばれています。 このblogは「C世代の時代を生き抜くヒントになる」を目標に、仕事と生活を考える上で参考になるクリップを集めて行きます。

2011年07月

●就業者減でも「技能職」が増える理由 ~「生き残る職業」と「先細りする職業」

●就業者減でも「技能職」が増える理由 ~「生き残る職業」と「先細りする職業」
http://group.dai-ichi-life.co.jp/dlri/kuma/pdf/k_1107d.pdf
正規・非正規は自らの「仕事」の定義と、定義に由来する効果・
機能の再設計に苦闘している。その一方で、「師」や「士」の付
く仕事は、年功よりもポスト・資格によって報酬が高まることか
ら、効果と機能に関する制度が安定している。

●「災害時の通信」は「柔構造」の時代へ

●「災害時の通信」は「柔構造」の時代へ
http://www.kddi-ri.jp/pdf/KDDI-RA-201107-01-PRT.pdf
電話網は「壊れない」ことを目指して作られた。しかし震災3.11
で発想を変えるべきことがはっきりした。堅牢性より柔軟性。ど
こかが壊れても別の経路、別の端末からはアクセスできるといっ
た柔構造の通信サービスへの転換が必要だ。持続性こそ剛、とい
う具合に、剛をモノ起点からサービス起点へ変えることが重要。
そうなれば、柔即剛。

●EPUB 3.0 - 電子書籍の表現力

●EPUB 3.0 - 電子書籍の表現力
http://www.slideshare.net/youjisakai/epub-30
時間を作ってじっくり観たい。力作。

●「Google+」発表、ソーシャル要素をGoogle全体に取り込むプロジェクト

●「Google+」発表、ソーシャル要素をGoogle全体に取り込むプロジェクト
http://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20110629_456809.html
発表されたGoogle+の機能は、「サークル」「Sparks」「ビデ
オチャットルーム」「インスタントアップロード」「グループ
チャット」。

○Facebookページ設計・構築・運用の実践ノウハウ

○Facebookページ設計・構築・運用の実践ノウハウ
http://www.slideshare.net/looops/facebook-8643798
ファンページを立ち上げただけでは効果無。ソーシャルプラグ
イン、広告と「ページ」をつなぐ構想力が必要。そしてまず取
るべき施策は、大至急「ファン」を集めること。

●2011年度新入社員意識調査結果報告

●2011年度新入社員意識調査結果報告
http://www.recruit-ms.co.jp/research/report/110516.html
職場に求めるのものは、やはり周囲との良好な人間関係/上司
には、ロールモデルになって欲しい/コミュニケーションは相
変わらず苦手、強化したい。

●2010年国勢調査の速報

●2010年国勢調査の速報
http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2010/sokuhou/pdf/gaiyou1.pdf
人口構造の変化:65歳以上人口の割合は世界で最も高い水準。
「有配偶」が「未婚」の割合を上回るのは男女共に30~34歳
以上の年齢階級。世帯構造の変化:1人暮らし世帯3割超で、
「夫婦と子」世帯を逆転。

●学校での活用事例(2):東京大学大学院情報学環・ベネッセ先端教育技術学講座(BEAT)

●学校での活用事例(2):東京大学大学院情報学環・ベネッセ先端教育技術学講座(BEAT)
http://shinken-ad.co.jp/between/backnumber/pdf/2011_06_tokushu06.pdf
日本は始まったばかり。一方、アメリカでは多くの大学が、
入学者選抜において高校生のフェイスブックをチェックする
段階へ。

●E-LEARNING とデジタル教科書の違い

●E-LEARNING とデジタル教科書の違い
http://kurosaki.me/download/E.pdf
デジタル教科書の各国事情を整理。フランス、アメリカ、韓国、
そして日本。

●ITプラットフォームの変遷とポストFacebook時代を考察する

●ITプラットフォームの変遷とポストFacebook時代を考察する
http://blogs.itmedia.co.jp/saito/2011/07/itfacebook-23ef.html
コンピュータの世界がネットの世界にシフトし、所有の世界がシ
ェアの世界にシフトしている現状を、駆け足で概観、整理した文
章。便利。

●今再び求められる企業経営の理念と原理の再確認

●今再び求められる企業経営の理念と原理の再確認
http://www.tsr-net.co.jp/news/situation/1211982_1626.html
経営管理の因数分解:「経」=道徳倫理の枠内で正しい筋道を
通し、事を成すこと/「営(Management)」=あらゆる手法
を駆使して上手に物事を処理すこと/「管」=物事の筋が通って
おり、意思の疎通や、正しい路を歩むこと/「理」=原理原則の
尊重、合理性の追求経営諸資源の有効活用が事業の永続発展には
必要。

●“連想型”消費で売る

●“連想型”消費で売る
http://business.nikkeibp.co.jp/article/topics/20110704/221261/?bv_ru&rt=nocnt
その本の文脈や内容、本を読んだ人の心理を分類して体系化し、
関連性が高い書籍を連想したうえで薦める。大日本印刷と編集
工学研究所の共同事業。

●電子書籍のコメントを共有できる「Qlippy Platform」、サービス事業者向けに提供

●電子書籍のコメントを共有できる「Qlippy Platform」、サービス事業者向けに提供
http://www.venturenow.jp/news/2011/07/05/1519_012981.html
電子書籍を閲覧しながら、書籍の一部をTwitterやFacebookで
友人と共有することができる、ソーシャルリーディングを実現。
既存の電子書籍ビューアに簡単に導入できるプラグイン(API)
を用意。

●果てしなき航路

●果てしなき航路
http://bit.ly/pZGFmd
「読書はブラウザへシフトする」、デジタル化に関心のある出版
人なら肝に銘ずべきポイントです。ベンダーはそんなこと、教え
てくれません。「パソコンの向こう側」へ、着実に「知の生成と
流通」のエコシステムはシフトしている。

●デバイス別・回線別ウェブサイト利用状況、タブレット利用の国別格差が明らかに

●デバイス別・回線別ウェブサイト利用状況、タブレット利用の国別格差が明らかに
http://wirelesswire.jp/Mobile_Market_Survey/201107061600.html
PCからの閲覧がなお主流だが、非PCの中での勢力分布は国
によってかなり違う。iPad、iPhone派はカナダ、ブラジル、
ドイツ、スペイン、フランス、シンガポール、オーストラリア。

●SoooooS

●SoooooS
http://sooooos.com/
日本最大級のソーシャルプロダクツの情報ポータル。社会貢献
の度合いなどに応じて、独自に商品を6種類に分類。情報開示
していれば、寄付付き商品の売り上げや利益の何パーセントが
寄付に回るのかといった情報なども公開。母体はポイント制の
運営会社。

●応援買いプロジェクト

●応援買いプロジェクト
http://www.ouengai.jp/
facebookが活動の基盤を直ちに用意することになっているのが
面白い。フロントエンド、スタートの時点でいろいろ悩む必要が
ない、ほとんどノーコスト。フローの仕組みづくりも、facebook
の機能をそのままシフトして使うことができる。Twitterのような
「呼び込む」仕掛け作りが課題かな。

●流行の“Globish”って?

●流行の“Globish”って?
http://yamauchi-koichi.cocolog-nifty.com/blog/2011/06/globish-14bb.html
ドルと米国債は早晩、世界の頂点から滑り落ちるだろう。しかし
英語は残る。むしろ世界が広く恊働し、より良い未来を形作るた
めに必須になってくる。ただし、それは「真性英語」ではなく、
「海外英語」、つまり第二外国語としての英語。
livedoor プロフィール
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ