「Cの時代」の勉強会

born digital の情報に囲まれて育った世代と、昭和世代とでは思考の 前提がそもそも違うということがありそうです。 新しい世代はC世代(Connect, Communicate, Change)とも呼ばれています。 このblogは「C世代の時代を生き抜くヒントになる」を目標に、仕事と生活を考える上で参考になるクリップを集めて行きます。

2011年12月

○生活動力2012「圏の構造調査」

○生活動力2012「圏の構造調査」
http://seikatsusoken.jp/pdf/RN_20111201_2.pdf
あるテーマや目的のもと、性年代、地域、職業などを超え、幅広い人達が自発的に集う、生活者の新しい集まり・つながり(=「圏」)に着目。圏を持つ人は二人にひとり。圏は能力発揮と消費のハブになりつつある。圏を持つ人は、持たない人に比べ、たとえば「えらび上手」「多チャンネル名人」「幸せ」。

●読書端末もAndroid

●読書端末もAndroid
http://www.sogotosho.daimokuroku.com/?index=shimokawa&date=20111206
玄人の論評。2011年の現状がさっとわかる。

●アマゾン・コム、戦慄!ほぼ全てのチェーンストアがアマゾンのショールームになる?

●アマゾン・コム、戦慄!ほぼ全てのチェーンストアがアマゾンのショールームになる?
http://blogos.com/article/26372/
ここがポイント:「アプリユーザーが商品価格を報告すること
で、お客がアマゾン・コムの価格調査スタッフ」に、意図せず
に、自動的に、なってしまう。

●「オープン」が革新生む(全文)/グーグル、シュミット会長

●「オープン」が革新生む(全文)/グーグル、シュミット会長
http://blog.goo.ne.jp/fukuchan2010/e/c36c8de5e327c4f62e85671792c5ffa6
生活シーンを、社会の構造を変えていくイノベーション。イノ
ベーションは技術から産まれるのではなく、「オープン」から
産まれてくる、と。「新しいアイデアに対するオープンさ、境
界線を越えていくオープンさ、そしてコラボレーション(協調)
に対するオープンさ」。

●IT業界、2012年は大手が岐路に立つ年10年後の明暗分ける重要な転換点、米社が予測

●IT業界、2012年は大手が岐路に立つ年10年後の明暗分ける重要な転換点、米社が予測
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/31491
「2012年は今の大手(米ヒューレット・パッカード(HP)、
米マイクロソフト、米インテル、ドイツSAP、カナダRIM
(リサーチ・イン・モーション)、米シスコシステムズ、
米アップル)が岐路に立たされる年」。
livedoor プロフィール
記事検索
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ